URU(ウル) デザインの振り幅が広い、東京オシャレなブランド

こんにちは。キュウタクです。

地方在住の僕は東京=オシャレという勝手なイメージを抱いています。

表参道、代官山なんて地名からしてもうなんか洒落てるし、数える程しか行ったことないけど『こんなオシャレな店あるんだ!』とか『うわ〜あの人オシャレ』の遭遇率がすごい高かったです。

さすが、日本の首都東京ですね

そんな地方在住の僕でも、東京オシャレな気分を味わせてくれるブランドがURU(ウル)です。

URU(ウル)について

ウル(URU)は日本のファッションブランド。メンズウェアを中心に展開している。テキスタイルやパターンなど技術が強み。

ウルのコンセプトは「Accelerate Creativity Accelerate Imagination -想像力(頭)と技術力(手)の加速-」。

デザイナーは漆山政春。世界で活躍してきた数々のコレクションブランドのパタンナーとして活躍後、独立。生粋のパタンナー畑で培われてきた技術力、ノウハウを元に新たな視点、想像力で原型を壊し自らの線で新しい形に再構築する。

2010年秋冬シーズンよりブランド「AMAZE」をスタート。2011年秋冬シーズンよりブランド名を「URU(ウル)」に変更。シーズンテーマを設けず年間を通して一つのテーマをコレクションに反映させている。

FASHIONN PRESS引用

 

デザイナーの漆山さんはパタンナーとしての経験を活かし、ある意味では型破りなデザインがURUの魅力の一つです。

『うん?パタンナーって何だろう』って方もいますよね。(僕はそうでした)

パタンナーというのはデザイナーが作成したデザイン画をもとに、型紙(パターン)を作る仕事です。

最終的な服は当然立体形ですが、いろんな型紙(パターン)を綿密に設計してデザイナーの頭の中で描かれている服のデザインを具現化する役割を担っています。

だから漆山さんは当然デザイン的思考も高まり、新しい視点で想像力溢れる服を作っています。

例えばこんな服。

ハルモニア参照

ビッグサイズのシャツをスパンと大胆にカットしたこちらのシャツ。

ビッグサイズシャツは僕も大好物ですが、こんな大胆なシルエットのシャツはなかなかないですよね。

着用写真はこちら。

ハルモニア参照

うん、悪くない。むしろいい、全然自然。

このシャツはパッと見だと、あんまイメージ湧かないけど、着て見たらグッとくるパターンのやつです。

最近はタックインする人も多いし、この感じは全く違和感ないです。むしろ超オシャレ。

大胆なデザインでも自然に着れるのは、それだけ服のデザインが優れているってことですね。

続いてはこちらのパーカー。

ハルモニア参照

オレンジのパーカー、色がめちゃくちゃ良くないですか?

ブランドの立ち上がりの秋冬シーズンの服だったと思いますが、この服は写真を見た時にすぐ欲しいと思いました。

このオレンジ色に一目惚れしました。(ブランド表記はマスタード)

しかも裏地全面にはペイスリー柄のキュプラ地を張り合わせ袖通しも最高。

デザイン、色、機能性の三拍子が揃ったパーフェクトな一着です。(しかもこのクオリティで価格も3万くらいだった気がします)

URUはルックもオシャレです

ルック(服を来たイメージ写真みたいなやつ)ってブランドによってはイメージしづらいのってありません?

なんか世界観が強すぎて、ここどこの世界?みたいなやつとか。

URUのルックはまず、着こなしがオシャレなんでコーディネートとして参考になります。

あと撮影場所も日本(たぶん東京)なんで何となく馴染みやすい。

これとか

これとか

これです

URU参照

うーん、やっぱ東京はオシャレですね。

ルック見るだけでもオシャレな気分になるし、参考にもなるんで良かったらチェックしてみて下さい。

URU公式

それではまた。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA